歯科処置

早期の診断・治療を

予防歯科

犬の場合には重度の歯周病になると抜歯が必要となることがほとんどです。定期的な歯磨きと歯石除去で歯周病の予防に力を入れています。
また猫の場合にも、歯周病や口内炎によりご飯が食べられなくなり、状態が悪くなることがあります。口を気にすることがあったり、よだれが多いと感じたら早めにご相談ください。

歯石沈着

歯石除去後

難治性口内炎

PAGE TOP